一八九一年、パリのおまわりさんが、公園のベンチにすわっている、日雇い
労務者凰の若い男を見つけて、近づいてみると、あっと驚いた。何と、この青
年は鋏で自分の左腕の肉を切り取って、陶然たる面持で、その血まみれの肉片
をむしゃむしゃ食っていたのである。
 まあ、自分で自分の肉を食うのだから、べつに犯罪というわけでもなく、本
人の勝手といえば勝手かもしれないが、しかし異常な事件であることに変りは
あるまい。
 警察へ連れてきて、事情をきいてみると、この青年の頭のなかには、十三歳
当時の少年の頃から、奇妙な固定観念のような甘美な妄想がこびりついている
のだった。つまり、彼は色の白い肌のきれいな若い娘を見ると、その娘の肌の
一部分を噛み切って、食いたくてたまらなくなるのだそうである。いわば白い
肌が彼のフェティッシュだったわけだ。そこで、刃物屋で大きな鋏を買ってき
て、街をうろつき、自分の理想の娘を物色していたが、なかなかチャンスがな
い。とうとう歩き疲れて、公園のベンチにすわり、自分の腕のいちばん柔らか
そうな、いちばん白い部分を鋏で切り取って、これを頭のなかで娘の肉だと空
想して、食うことを思いつき、実行していたのだという。まったく驚き入った
男である。


トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS