ヒ素(砒素、Arsenic):原子番号33の元素。元素記号はAs。窒素族の元素の一つ。灰色ヒ素(最も安定)、黄色ヒ素、黒色ヒ素の3つの同素体が存在する。灰色ヒ素(金属ヒ素)は、1気圧下において、615℃で昇華する。
[編集]

人体への影響

ヒ素およびほとんどのヒ素化合物は、人体に非常に有害である。飲み込んだ際の急性症状は、消化管の刺激によって、吐き気、嘔吐、下痢、激しい腹痛などがみられ、場合によってショック状態から死に至る。慢性症状は、剥離性の皮膚炎や過度の色素沈着、骨髄障害、末梢性神経炎、黄疸、腎不全など。ヒ素及びヒ素化合物は、劇毒法により医薬用外毒物に指定されている。

ただし、ヒ素化合物は、生体内にごく微量が存在しており、人体にとって微量必須元素で、生存には必要であると考えられている。ただし、これは一部の無毒の有機ヒ素化合物の形でのことである。無毒の、あるいは生体内で無毒化される有機ヒ素化合物は、魚介類や海草類に含まれている。-wikipedia.jp

http://tanesan.hp.infoseek.co.jp/sikan14-14-2hiso.html

:オブジェ
:自然物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 17 Mar 2008 00:12:56 JST (3687d)