呂雉(りょ・ち、ピンイン:Lü zhì ?〜紀元前180)はの高祖(劉邦)の正妻(皇后)。恵帝(劉盈)の生母。字は娥姁。謚は高后(高皇后)。夫・劉邦の死後、皇太后・太皇太后となり、呂后、呂太后とも呼ばれる。

呂后の時代は、皇族や、元勲達が殺害されるなど、政界では何かと血腥い事件の続いた時代であったが、そこから一歩外に出れば、非常に平和で安定した、或る種の理想的な時代を迎えていた。これは呂后が、対外遠征などの大事業を極力減らし、国民の生活の安定に尽力したからであった。後の文帝と景帝による文景の治及び武帝時代に入ってからの大遠征を筆頭とする大事業の政治的・経済的基礎はこの時代に作られたといっても過言ではない。

Empress Dowager Lü
Empress Dowager Lü (呂太后 Pinyin: Lü Taihou) (d.180 BC) was the principal imperial consort of the Emperor Gao of the Han Empire. Their children included then Emperor Hui and Princess Luyuan (魯元公主).-wikipedia.en

:人物
:歴史人物
:行為者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 17 Mar 2008 00:11:41 JST (3803d)