狭義の錬金術(れんきんじゅつ)、Alchemy

卑金属から貴金属、特に金を人工的に作り出すための技術のことを言う。錬金術の発達の過程で、現在の化学の発見が多くなされた。また、錬金術に携わる研究者を錬金術師と呼ぶ。

多くの場合、中世ヨーロッパにおいて長期間にわたって行なわれた「人工的に金を作り出そうとする試み」を指す。この試みは中国においても行われたが、こちらは作り出された金を、不老不死の薬・『丹』として服用するのが主目的となっており、厳密には「錬丹術」と呼んで区別すべきであろう。

本来は自然の摂理と人類の叡智の結晶である「賢者の石」を作りだすために万物の物性を研究するものであったが、これが現在の化学の基礎となった。-wikipedia.jp

:行為
:個人行為


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 17 Mar 2008 00:11:30 JST (3868d)