ヨーロッパの十八世紀という時代は、まことにおもしろい時代である。一方には、フランス革命を準備した啓蒙思想家がいたかと思うと、もう一方には、サドカザノヴァのようなエロティシズムの実践家がいた。山師、ほら吹き、詐欺師のような男が悠々と宮廷に出入りしていたかと思うと、フリー・メーソンのような秘密結社に属する怪しげな政治運動家も、諸国をうろつきまわっていた。革命という一大爆発を目前にひかえて、全ヨーロッパが坩堝《るつぼ》のように煮えたぎっていたわけである。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 21 Mar 2008 00:05:23 JST (3869d)