生涯にわたって、膨大な量の書物を書き残したパラケルススの学問や思想の体系を、一言のもとに要約するわけにはいかないが、まあ、一種の神秘的な自然哲学だと思ってもよいだろう。占星術錬金術をごっちゃにしたような、大宇宙や小宇宙の理論も見られる。さらに、当時までは主として薬草に頼っていた医学に、化学療法を導入したという意味から、彼は医学上の先駆者の地位に立っている。『子宮論』などという著作もあり、男の精液を蒸溜器のなかに密封して、ホムンクルス(一種の小人《こぴと》)を製造する方法がくわしく述べられている。この小人の製造法は、のちにゲーテが『ファウスト』を書く時に利用したものと思われる。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 19 Mar 2008 22:49:12 JST (3802d)