一口に異常とか倒錯とかいうけれども、セックスの領域で、正常と異常、健康と病気の区別くらい、明確にするのに困難なものはない。最近の性科学者のなかには、「倒錯」という言葉を使うのを慎重に避けている者もいるくらいである。
 肉体的な病気なら、話は簡単なのである。つまり、痛みがあるとか、ある特定の器官の能力が衰えて、使いものにならなくなったとかいった場合には、はっきり病気だと認定して差支えないわけである。ところが、セックスの場合は、そう簡単にはいかない。病気とか倒錯とかいったって、要するに、それは趣味の問題[#趣味〜問題まで傍点]にすぎないからである。
 たとえは、女の下着をあつめて喜ぶフェティシストがいたとする。もちろん、下着を盗めば犯罪であるが、ただ下着をあつめて、アパートの自分の部屋で、こっそり眺めて楽しんでいる分には、この男の行動には、社会に害悪を及ばすようなところは全くないわけである。いったい、この男の性欲を」病的とか倒錯とか呼んで、矯正しなければならない理由があるだろうか。
 いわゆる性的倒錯と呼ばれているもののなかには、スコプトフィリア(覗見症)とかエギジビショニズム (露出症)とかいったものも含まれるが、私たちは、ほかならぬ私たち自身の経験に照らしてみて、健康な普通の男性が、すべて多かれ少なかれ、こういった欲望をもっていることを知っているのである。エスカレーターや歩道橋の下から、ミニスカートの女性の下着を眺めたって、べつに誰の迷惑になるわけのものでもなし、そういう行為は、いわば社会的に大目に見られているのである。わざわざのぞいて見れば軽犯罪だが、見えてしまうものは仕方がない。「眼の保養」などという言葉もあるくらいである。
 どんなに異常な、どんなに残虐な、どんなにグロテスクな性的欲望でも、私たちが頭のなかで空想するだけなら自由だし、想像力のはたらきによって、私たちが理解し得ないような、いわゆる性的倒錯なるものは、一つもないのではないかとさえ私は思う。サディズムマゾヒズムは申すまでもなく、ネクロフィリア(屍体愛好)だって、ゾーエラスティア(獣姦)だって、コプロラグニア(糞便嗜好)だって、決して私たちの想像を絶した世界の出来事ではないはずだ。私たちは、一歩間違えば誰でも犯罪者になる可能性があるのと同じように、一歩間違えば誰でも「性的倒錯者」になる可能性がある、と考えるべきだ
ろう。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 20 Sep 2010 23:39:36 JST (2922d)