十八世紀イギリスの放蕩貴族、サー・フランシス・ダッシュウッドの組織した「地獄の火クラブ」は、悪魔礼拝と性的乱行にふけることを目的とした一種の秘密結社で、そのメンバーには多数の知名人がいたため、当時のロンドンで大いにスキャンダルの種となったものである。
 ただの桃色秘密クラブなら、さして珍らしくもないが、そこに悪魔礼拝や黒ミサの神秘的ムードがあり、おまけに、秘密クラブの最高指導者たるダッシュウッドという人物が、当時のロンドンの少壮政治家や不良青年文士、頽廃芸術家などと親密な交際のある、なかなか教養豊かな風流人だったから、この事件は、いやが上にもセンセーションを捲き起したのである。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 15 Dec 2005 23:39:53 JST (4692d)