やがて彼は健康上の理由で、寒い北国のロシアを去り、軍隊に入って七年戦役に参加し、武勲を立てて竜騎兵大尉となった。そして一七六二年、今度はフランス国王の全権公使として、ロンドンジョージ三世の宮廷に向かったのである。騎士デオンの外交官としての手腕は、目ざましいものがあったらしく、フランスロシア、あるいはフランスと英国とのあいだに、幾つかの重要な条約を結んでいるほどであるが、ロンドンの社交界でも、やはり彼はしばしば女装をして、ひとびとを驚かしては楽しんでいた模様である。彼のロンドン生活は贅沢をきわめ、その自宅で催された大園遊会は、宮廷のそれにも匹敵するといわれた。彼の没落と、国王に対する失寵の原因は、まずこの浪費ぶりにあった。
 デオンには、先天的な性格上の欠点ともいうべき、ほら吹きとか、傲慢とか、短気とか、病的な見栄っばりとかいった点が目立ったのである。国王や政府は、次第に彼を厄介視するようになった。しかし長年にわたるスパイ生活のおかげで、彼ほルイ十五世の署名のある、重要な機密文書をいっぱい持っているのであった。下手に彼を怒らせては、事が面倒である。そこでフランス政府は、仕方なく彼に法外な金をあたえて、ロンドンで気ままに遊ばせておくよりほかなかった。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 15 Dec 2005 17:59:45 JST (4691d)