飢えに狂った野獣は河を渡らん
   大部分の陣営はヒステルに敵対せん
   かくてゲルマンの子は一切の掟を破り
   勝者は鉄の檻を引き出さん

 これは第二巻第二十四番の詩であるが、申すまでもなくドイツの敗北を予言している。「野獣」とは、戦争に負けたみじめな民衆である。敗色が濃くなってくると、ナチスの軍隊は戦時国際公法を無視して「一切の掟を破り」、ユダヤ人虐殺などの計画を一段と強化し出すのだ。やがて連合軍は勝利すると、ナチスの戦犯を逮捕し、ニュールンベルク裁判で彼らに苛酷な刑を課する。「鉄の檻」とは、この意味であろう。
 このように、ノストラダムスのめざましい予言は、第一次大戦から第二次大戦終結までの、数多くの二十世紀のエピソードを歴史の流れに沿って、忠実になぞっているらしいことが分るだろう。もちろん、ここに引用したエピソードは、そのうちのごく限られた一部分であって、実際には、もっともっと沢山の四行詩が、さまざまな歴史の局面をそこに反映していることは、わざわざ断わるまでもあるまい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 21 Mar 2008 00:03:55 JST (3864d)