睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう、夢遊病、夢中遊行症)とは、睡眠中に発作的に起こる異常行動のこと。無意識の状態で起きだし、歩いたり何かをした後に再び就眠するが、その間の出来事を記憶していない状態を指す。このような夢遊病の多くは、就眠後1時間から3時間のノンレム睡眠時に発生することが多い事が分かっている。wikipedia

:行為
:個人行為


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 16 Mar 2008 00:05:10 JST (3752d)