平安時代(へいあんじだい)は日本歴史的時代区分の一つであり、794年に桓武天皇が平安京に都を移してから、1192年に源頼朝が征夷大将軍に就任するまでの約400年間を指す。一つ前の時代は奈良時代であり、鎌倉時代へと続く。前時代に律令政治が華開き、この時代の初期には天皇の親政が行われるが、時代が進むにしたがって、貴族や寺社が勢力を増して専横政治を始め、中央・地方ともに腐敗が横行した。民衆は、ほとんど顧みられなかったといってもいいほどであった。政治に不満を持つ下級貴族の反乱(平将門、藤原純友による承平天慶の乱など)が起こり、盗賊が横行する時代になっていった。それらを取り締まって政治勢力を増したのが武士階級であった。貴族に代わって武士の政治がが始まり、次の時代へと遷ってゆくのである。-wikipedia.jp

The Heian period (平安時代) is the last division of classical Japanese history that runs from 794 to 1185 AD. The Heian period is considered the peak of the Japanese imperial court and noted for its art and especially in poetry and literature. The name heian is a word that means "peace" in Japanese.-wikipedia.en

:時代
:行為
:組織集団


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:02:44 JST (5037d)