百科全書(ひゃっかぜんしょ、L'Encyclopédie)は、ドゥニ・ディドロとジャン・ル・ロン・ダランベールらが中心となって編集し、1751年から1772年にかけてフランスで28巻が発刊された大規模な百科事典。ダランベールが執筆した趣意書によれば、これは、「技術と学問のあらゆる領域にわたって参照されうるような、そしてただ自分自身のためにのみ自学する人々を啓蒙すると同時に他人の教育のために働く勇気を感じている人々を手引きするのにも役立つような」事典であった。当時の技術的・科学的な知識の最先端を集めたこの書物は、古い世界観をうち破り、合理的で自由な考え方を人々にもたらすのに大きく貢献した。しかし企画段階から体制側との緊張関係のなかで刊行された「百科全書」は、そこに記された思想によって意味をもつだけでなく、その刊行自体が、一つの政治的な意味をもっており、18世紀のフランス啓蒙思想が成し遂げた金字塔といえる。-wikipedia.jp

Encyclopédie, ou dictionnaire raisonné des sciences, des arts et des métiers (The Encyclopedia) was an early encyclopedia, published in France in the 18th century. The final volumes were released in 1772.-wikipedia.en

:作品
:文書


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:02:45 JST (4865d)