スズ(錫)は銀白色で柔らかい金属です。地殻には2.2 ppm(0.00022%)ほど存在します。スズは人類が最も古くから利用している金属の1つです。スズと銅の合金である青銅(ブロンズ)製の器具や武器は広く使われ時代があり、「青銅器時代」と呼ばれています。旧約聖書にも、ススは7種類の金属{他の6種類は、金、銀銅、鉄、鉛、真鍮(当時は銅と亜鉛の合金であると判明していなかった)}の1つに挙げられています。元素記号はラテン語のStannumに由来し、英語名Tinはエトルリア文明の神Tiniaに因んでいます。日本では白鉛とも呼ばれていました。http://www.istone.org/element/sn.html

:オブジェクト
:自然物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:02:50 JST (5039d)