ルイ十四世のときにパリで発生した一連の事件

  1. フォンタンジュ嬢(ルイ十四世の愛人):病死説あり
  2. アンリエット・アンヌ(ルイ十四世の弟の妻)の怪死
  3. ブランヴィリエ公爵夫人による連続毒殺事件
  4. モンテスパン夫人による黒ミサ事件

    彼女は王の愛をつなぎとめるためにラ・ヴァワサンという女性から媚薬を買っていた。彼女は表向きは占い師だが、裏では毒薬の販売もしていた。モンテスパン夫人は、黒ミサも何度か受けたと言われている。しかし結局こうした努力があだとなる。やがて大規模な毒殺事件が摘発され、ラ・ヴォワサンは逮捕、処刑され、1680年にはついにモンテスパン夫人の名前も容疑者としてでてきた。この事件でルイ14世の愛は完全に冷め、最後には彼女も修道院に入ることとなる。
    http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ykawa/aoyama(2001)/group-l.htm

IN THE ARCHIVES OF THE Bastille there is a scrap of paper simply dated 1673 which marks the beginning of a scandal which was to reverberate widely touching Louis XIV himself. It reads:
http://jdurand.cocc.edu/Classes/HST+102/Louis+XIV/default.aspx

:行為
:社会現象


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:02:52 JST (5037d)