壇ノ浦の戦いとは、1185年(文治元年)3月24日に壇ノ浦(現在の山口県下関市)で行われた、源平最後の海上決戦のことである。

当初、潮流の勢いに乗じ、平氏軍の有利に展開していたが、潮流が変わったときを境に、源氏軍が攻勢に転じる。平氏軍不利と見た諸将が源氏側に寝返り始め、平氏軍が敗れる。
敗戦を覚悟した二位ノ尼が安徳天皇とともに入水。 平氏一門の諸将も入水し、平氏軍総大将の宗盛建礼門院徳子等も入水するが、源氏の兵に救い出される。-wikipedia.jp

地図

:行為
:社会現象


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:04:49 JST (5038d)