辰砂(Cinnabar)

昔から赤(朱)の岩絵具として利用されてきた辰砂です。
中国の辰州という場所でとれたことから、この名前がつけられたそうです。
http://www6.ocn.ne.jp/~mineral/page061.html

辰砂水銀の代表的な鉱石鉱物で、また古代から赤色の顔料や漢方薬として貴重なものであった。
日本では奈良県の桜井市から宇陀郡にかけては大和水銀鉱山をはじめとして、飛鳥・奈良時代から開発された大小の水銀鉱山がたくさん分布している。
http://www.gionishi.com/shinsha.html

:オブジェ
:自然物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:04:49 JST (4864d)