第一次世界大戦 (だいいちじせかいたいせん、World War ?) は1914年から1918年にかけて戦われた初めての世界規模の大戦争である。当時は"War to End All Wars"(全ての戦争を終わらせる戦争)とも呼ばれた。主戦場はヨーロッパであったが、アフリカ、中東、中国、太平洋、大西洋、インド洋も戦場となり、世界の大多数の国が参戦した。対立陣営は、ドイツ・オーストリア・オスマン帝国・ブルガリアの同盟国(英語ではCentral Powers、すなわち中央同盟国と称する)と、三国協商を作ったイギリスフランスロシアを中心とする連合国で、日本、イタリアアメリカも後に連合国側に立って加わった。戦争は国家経済を総動員する総力戦となり、従来の戦争の常識をはるかに超える物的・人的被害をもたらした。この戦争の終結により、史上二番目に流血の多い戦争として記録された(史上一位は太平天国の乱)が、この記録は第二次世界大戦によって塗り替えられることになる。900万人以上が戦場で死に、それ以上の人数が食糧不足と虐殺と地上戦のために銃後で死んだ。また、初めて大規模な空爆が行われ、20世紀で始めての大規模な非戦闘員の虐殺となった。
wikipedia-j

:行為
:社会現象


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 12 Nov 2006 01:20:11 JST (4412d)