ラー、Ra

古代エジプトの太陽神。ヘリオポリスが信仰の中心。第5王朝には、「ラーの子」がファラオの正式名称になった。後にアモンと合体し「アモン・ラー」として信仰された。「神々の父、人間の創造者、家畜の創造主、万物の王」

元来はヘリオポリスで崇拝されていた神。宇宙的世界を創造した原始の絶対神で、無秩序な混沌とした宇宙に最初の光(アトゥム)として現われた。古代エジプトの神々は太陽神ラーの子孫であるとして、古代エジプト統一王朝の守護神として殆どの王朝時代に最高神として祭られた。古王国時代の神王理念は、太陽神ラーが初代の王(ファラオ)であり、現世の王は太陽神ラーの息子ホルス神が化身した直系の子孫であり古代エジプト王朝の統治者、ということである。http://www.kcat.zaq.ne.jp/choi/page006.html

Ra (sometimes spelled Re or Rah -- also Atum) was the sun-god of Heliopolis in ancient Egypt. From the fifth dynasty (ca. 2400 BC) onward he was combined with the Theban god Amon to become the foremost deity of the Egyptian pantheon. He remained paramount for centuries except for a brief suspension during the time of Akhenaten (1350-1334 BC) when direct and exclusive worship of Aten, the sun disk itself, was imposed on the kingdom of Egypt. In later times, he was associated with Heryshaf.-[[wikipedia.enhttp://en.wikipedia.org/wiki/Re>]]
:人物
:架空人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:04:50 JST (4919d)