太平記(たいへいき)は日本の古典文学の一つ。軍記物語。南北朝時代を舞台に、後醍醐天皇の即位から、鎌倉幕府の滅亡、建武の新政、その崩壊南北朝分裂、観応の擾乱、二代将軍足利義詮の死去と細川頼之の管領就任をもって物語を締めくくる(1318年 - 1368年頃までの約50年間)-wikipedia.jp

:作品
:文書


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:04:50 JST (4919d)