泉 鏡花(いずみ きょうか、1873年11月4日-1939年9月7日)は、日本の小説家。 石川県金沢市出身。 本名は泉鏡太郎。父親は清次といい、彫金象嵌細工師泉で、母親は鈴といい鼓師の娘だった。19歳で上京し、その翌年に尾崎紅葉の門下生となった。1895年に「夜行巡査」「外科室」を発表し、新進作家として認められた。浪漫的な幻想美をうたいあげるという鏡花の文学の特質は、川端康成、三島由紀夫などに影響を与えた。-wikipedia.jp
:人物
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:04:52 JST (4981d)