ルクレチアが夜ごとに男を求めて、ローマの街をさまよい歩いたという伝説にしても、不幸な彼女の結婚生活とあわせて考えなければ、つじつまが合わないことになろう。いわば、彼女こそ強制された政略結婚の犠牲者だったわけだ。

よしんば彼女の放蕩が事実であったにせよ、だれがこれを非難しえよう。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 17 Mar 2008 00:03:53 JST (3899d)