処女王エリザベスがイングランドに君臨していた時代くらい、きらびやかなギャラントリー(夫人に対する慇懃)が大手をふって栄えた時代はない。女王の思し召し一つで、いかようにも立身出世の道がひらかれるのだから、彼女の宮廷をめぐって、少しでも野心のある男たちが、あらゆる技巧をつくし、この気むずかしい女王様の意を迎えようと懸命になったのも当然であろう。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:05:15 JST (5039d)