水銀(すいぎん,汞)は元素の一つ。12族に属し、典型元素で金属元素である。常温、常圧で液体である唯一の金属元素で、銀のような白い光沢を放つ事からこの名がある。元素記号 Hg、原子番号は80。

元素記号のHgは、ギリシャ語由来のラテン語 hydrargyrum(水のような銀)の略。また、日本語でも古くは液体金属を意味するみずかねと呼ばれていた。

各種の金属と合金を作り、アマルガムと呼ばれる。また、硫化物は辰砂(しんしゃ)と呼ばれ、朱色の顔料として用いられる。単体は熱伝導性の良さから体温計に用いられる。

西洋占星術錬金術などの神秘思想では、ギリシャ神話のヘルメスローマ神話のメルクリウス)と関連づけられ、その星である水星を象徴するようになった。 これは、液体で金属であるという奇妙な性質が、変幻自在で油断ならないヘルメスの性格と関連づけられた為である。

また、中国では、不老不死の薬、「丹」の原料と信じられた(錬丹術)。権力者の中には、怪しげな道士に作らせた「丹」を服用し、水銀中毒で命を落とした者も多い。-wikipedia.jp

:オブジェ
:自然物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:05:17 JST (5039d)