神聖ローマ帝国、Holly Roman Empire of the German Nation.

中世から19世紀にかけての現ドイツ地方の王国名。

神聖ローマ帝国 (しんせいろーまていこく, Heiliges Römisches Reich 962年 - 1806年) は、中世にドイツを中心に存在していた政体。11世紀ころまでは(西)ローマ帝国、12世紀ごろには神聖帝国、13世紀以降には神聖ローマ帝国と称された。16世紀にはHeiliges Römisches Reich Deutscher Nation(ドイツ国民の神聖ローマ帝国ドイツ民族の神聖ローマ帝国などと訳す)と称すようになった(ラテン名はSacrum Imperium Romano-Germanicum。つまり、ライヒ(Reich)とは、インペリウム(imperium)に対応する概念である)。 -wikipedia.jp

:場所


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:05:17 JST (4861d)