フリー・セックスの実践家のように奔放に恋をした女性美の理想像

 女性の実の理想、女性のなかの最も女性らしいもの、それがギリシア人の考えた女神ヴィーナスである。

 伝説によれば、ヴィーナスは海の泡(アフロス)から生まれ、西風に送られて、キュプロス島に流れついたといわれている。だからヴィーナスは別名をアフロディテーといい、名高いボッティチェリの絵に見られるように、素裸で貝殻にのって、海から現われるのである。キュプロス島は、かつてはヴィーナス崇拝の一大中心地であった。

 ミロのヴィーナス像を見ればお分りのように、彼女はどこから見ても完全な肉体美を誇り、しかも青春の化身のような若さと、ういういしさと、気高さと、羞恥心とを示している。十九世紀の初めごろ、この彫像がメロス島の農民によって掘り出されたとき、その美しさに彼らが茫然としてしまったという伝説があるのも、もっともである。

 周知のように、ミロのヴィーナスには両手が欠けているが、ある詩人の意見によると、彼女は両手が欠けているからこそ、私たちの想像力をますます刺激し、ますます実の幻影を完全ならしめるという。たしかに、その通りにちがいあるまい。

 発掘された古代のヴィーナス像には、腰から下を着物でおおったミロのヴィーナス以外にも、いろんな姿態を示した、多くの美しい彫刻作品がある。ゲネトリクスのヴィーナスのように、肌にぴったりした薄い着物を着ているのもあれば、クニドスのヴィーナスのように、水浴しようとして、いま着物を壷《つぼ》の上に脱ぎすてたばかりの裸体像もある。

 そうかと思うと、カリプゴスのヴィーナス像のように、うしろを向いて、着物の裾をばっとまくりあげ、自分の美しいお腎を見せている、大胆な姿態を示しているのもある。カリプゴスとは、ギリシア語で「美しい臀」という意味である。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 25 Mar 2009 23:06:31 JST (3549d)