女のエピソード

マリー・アントワネット
ギロチンのまえではじめて気高くなった
ベアトリーチェ・チェンチ
父にはずかしめられた十四歳の少女は天使のように愛らしかった
ジョルジュ・サンド
男性遍歴をしながら一度も満足しなかった
アグリッピーナ
権力を争う母と子、ネロとその母
ローラ・モンテス
現代ならばさしずめデヴィ夫人(?)
和泉式部
華やかな自由恋愛のチャンピオン
サッフォー
レスビアン詩人
ジャンヌ・ダルク
魔女として、生きながら焼き殺された
エリザベス女王
男たちに取り巻かれながら、実は処女だった
シャルロット・コルデー
裁判をうけながら肖像画を描かせた、フランス革命の女闘士
サロメ
冷感症の熱い女
エロイーズ
二十年間、火のような恋文を書きつづけた
細川ガラシア夫人
女の主体性と自由を守りぬいた反体制のヒロイン
ルネ・ペラジー
愛する夫の出獄の日、謎の離別をしたサド侯爵夫人
ワンダ・リューメリン
マゾヒズムの元祖マゾッホと奇妙な契約結婚をした
聖母マリア
畸形か、奇跡か? 処女懐胎した
金髪のイゾルデ
一日会わなければ病気になり、三日会わなければ死ぬという「愛の飲み物」を飲んだ
マリリン・モンロー
私生児として生まれ、母親の発狂で孤児院に、十四歳で最初の結婚をした
建礼門院徳子
そのとき二人の心をよぎったものは?かつての敵、後白河法皇寂光院に迎えた
ド・ブランヴィリエ侯爵夫人
女と毒薬との関係の極致 みずからの快楽のために次々と殺人を重ねた
ポンパドゥール夫人
二十年は処女、十五年は娼婦、七年は女衒だった女
王昭君
国際外交のかげに泣いた悲劇のヒロイン
マグダラのマリア
謎深いドラマを秘めた女性
ヴィーナス
フリー・セックスの実践家のように奔放に恋をした女性実の理想像
初版あとがき

河出文庫版
ISBN4-309-40263-1
河出書房新社1990年1月25日初版発行

単行本:1992年5月桃源社
新装版:1989年2月大和書房
文庫版:1984年7月ダイワアート

:収録作品


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 20 Mar 2008 01:31:53 JST (3894d)