宗盛(たいらのむねもり、久安3年(1147年) - 文治元年6月21日(1185年7月19日))
は、平安時代末期の武将。平清盛の三男。母は平時信の娘であり清盛の正室、時子である。

1179年、清盛の嫡男である兄・重盛、ついで、1181年に清盛が逝去したため、宗盛平家一門の棟梁となる。
しかし、宗盛は、清盛、重盛と異なり、際立った政治的手腕はなく、善良な凡人であったとされる。そのため、清盛の死去は平家一門を浮き足立たせることになった。wikipedia-ja

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:05:34 JST (4890d)