殺人百科、Encyclopaedia of Murder
コリン・ウイルソン (著), パトリッシア・ピットマン (著), Colin Wilson (原著), Patricia Pitman (原著), 大庭 忠男 (翻訳)
出版社: 弥生書房 ; ISBN: 4841506780 ; 改訂増補版 (1993/10)

「殺人の研究」は殺人に関するウィルソンのエッセイのうち、最も初期に公開されたものだ。彼は基本的なスタンスを(五十年後の) 現在に至るまで貫き通している。それは、殺人事件を人間の自由の陰画として考えようというものだ。殺人者は、人の生命の価値をひどく低く捉えている。これは彼が(自殺者もそうだが)、自分が自由だという事実に少しでも気付いていれば避けられる事態なのだ。-Coliwiki

:作品
:文書


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:05:38 JST (5037d)