源氏物語(げんじものがたり)は平安時代中期に成立した物語である。作者は紫式部とするのが通説であるが、複数作者説、後世創作説などもある。

54帖からなる大長編であり、800首近い数の和歌を含んでいる。

日本文学の黎明期における最高傑作とも評され、しばしば世界最古の小説とさえ言われる。

物語は平安時代を背景に、天皇の皇子として生まれながら臣籍に降下した光源氏を中心に、その息子・娘、そして孫の世代までを描く。-wikipedia.jp

:作品
:文書


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:05:42 JST (4804d)