賢者の石(けんじゃのいし、羅:lapidis philosophorumあるいは羅:lapis philosophorum )とは、中世ヨーロッパ錬金術師が、鉛などの卑金属を金に変える際の触媒となると考えた霊薬である。直訳すれば「哲学者の石」とするのが正しい。「賢者の石」は意訳である。人間に不老不死の永遠の生命を与えるエリクサーであるとの解釈もある。wikipedia

:フェティッシュ


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 18 Mar 2008 22:51:23 JST (3630d)