君主論(くんしゅろん Il Principe)

ニッコロ・マキアヴェルリイタリア語で政治を論じた著作である。 1513−1514年に完成したと考えられている。1516年にロレンツォ・デ・メディチ二世に献呈され、マキャヴェッリの死後、1532年に刊行された。

26章からなり、当時のさまざまな君主および君主国を冷静に分析し、君主とはどうあるものか、君主として権力を獲得し、また保持しつづけるにはどのような能力(徳、ヴィルトゥ)が必要かを論じた著作である。マキャヴェッリはチェーザレ・ボルジアに理想的な君主の能力を見ている。-wikipedia.jp

:作品
:文書


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:05:43 JST (5035d)