イブン・シーナーの作品

医学者として、彼はヒッポクラテスやガレノスを参考に理論的な医学の体系化を目指し『医学典範』を執筆した。『医学典範』は当時におけるギリシア・アラビア医学の集大成であり、ラテン語に翻訳された後17世紀ごろまでヨーロッパの大学で使用され、またインドではさらに長く20世紀初頭まで使用されていた。wikipedia

he Canon of Medicine (original title in Arabic: القانون في الطب "Al-Qanun fi al-Tibb" which translates to The Law of Medicine) is a 14-volume Arabic medical encyclopedia written by the Persian Muslim scientist and physician Ibn Sīnā (Avicenna) and completed in 1025.[1] Written in Arabic, the book was based on a combination of his own personal experience, medieval Islamic medicine, the writings of the Greek physician Galen,[2] the Indian physicians Sushruta and Charaka, and ancient Arabian and Persian medicine.[3] The Canon is considered one of the most famous books in the history of medicine.

wikipedia

:作品
:文書


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 18 Mar 2008 23:14:56 JST (3923d)