ヴラド3世(Vlad III,1431年11月10日 - 1476年)通称ドラキュラ公/串刺し公(Vlad Ţepeş)は、15世紀ルーマニアのワラキア公。ツェペシュとは、「串刺し」の意味で、苗字ではなく串刺し公と言う意味を込めたニックネームである。苗字はない為、ヴラド3世とするのが正確である。存命時はむしろツェペシュよりもドラキュラというニックネームの方が多く用いられたのではないかと言われ、本人筆と思われるサインにも「ヴラド・ドラキュラ」(正確にはWladislaus Drakulya、ヴラディスラウス・ドラクリヤ。"ヴラド=竜の息子"の意)と書かれたものが存在する事から、ドラキュラというニックネームは本人も喜んで使用していたと推測される。ドラキュラのニックネームから分かる通り、吸血鬼ドラキュラのモデルとして知られる。しかし現在は、ルーマニア独立のために戦った英雄として再評価されている。wikipedia

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 18 Mar 2008 14:24:31 JST (3801d)