ヴィクトリア(Alexandra Victoria Wettin, 1819年5月24日 - 1901年1月22日)は、イギリスの女王(在位: 1837年6月20日 - 1901年1月22日)、のちに初代インド女帝(在位: 1877年1月1日 - 1901年1月22日)。ジョージ3世の四男ケント公エドワードの一人娘。ドイツのハノーファー王家の出だが、ハノーファーではサリカ法典による継承法を取っており、女性の統治が認められなかったため、ヴィクトリアはハノーファー王位を継承しなかった。

イギリスでもっとも輝かしい時代をつくりあげた女王であり、その治世はヴィクトリア朝と呼ばれる。彼女は世界中の王室のモデルとなった。

世界各地を植民地化し一大植民地帝国を築き上げ、インド女帝に即位し、「君臨すれども統治せず」によって議会制民主主義を貫く。彼女の寵愛するベンジャミン・ディズレーリ、そして、良き夫であるアルバートの助言によって大英帝国を繁栄させた。wikipedia-j

http://nekhet.ddo.jp/people/hanover.html#victoria

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 03 Feb 2006 23:09:41 JST (4693d)