〈倫敦塔(ロンドンとう)の歴史は英国の歴史を煎(せん)じ詰めたものである。過去と云う怪しき物を蔽(おお)える戸張(とばり)が自(おの)ずと裂けて龕中(がんちゅう)の幽光を二十世紀の上に反射するものは倫敦塔である。〉(夏目漱石『倫敦塔』)

  • wikipedia.en
    persons beheaded inside the Tower for treason:
       * William Hastings, Lord Hastings (1483)
       * Anne Boleyn (1536)
       * Margaret Pole, Countess of Salisbury (1541)
       * Catherine Howard (1542)
       * Jane Parker, Lady Rochford (1542)
       * Lady Jane Grey (1554)
       * Robert Devereux, Earl of Essex (1601)

:場所
:作品
:視覚作品


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:05:53 JST (4864d)