ルイ8世(獅子王)、Louis VIII ("The Lion") (September 5, 1187 - November 8, 1226)

1214年、イギリスのジョン(欠地王)が大陸領奪回を目指してフランスに侵攻してきたが、これをブービーヌーの戦いで撃退。1216年にはジョンに対する反対派の支持を得てイギリスに攻め込み、一時はロンドンを占領したが、同年にジョンが病死してヘンリー3世が即位するとその支持を失い、1217年にリンカーンの戦いで大敗を喫して帰国した。

1223年、父が死去したため即位する。ルイ8世は事実上のフランス統一のためにフランス南部に存在する独立性の濃い諸侯の領土を次々と没収もしくは王領化を謀るなど、積極的な対外政策を推し進めた。

1226年、その対外政策に反抗する諸侯を討伐中に陣中で赤痢にかかって急死した。-wikipedia.jp

reigned as King of France from 1223 to 1226. He was a member of the Capetian dynasty. Louis was born in Paris, France, the son of King Philippe II Auguste and Isabelle of Hainaut.-wikipedia.en

カペー家フランス

http://nekhet.ddo.jp/people/capet.html#louis8

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:06:01 JST (5013d)