ラスプーチン (Григо́рий Ефи́мович Распу́тин,Grigorii Efimovich Rasputin 1871年1月23日?‐1916年12月25日)。

帝政ロシア末期の祈祷僧。シベリアチュメニ県ポクロフスコエ村出身。若いころ農民であったが、村を出て修行僧になったと自称したが、様々な説があって実像は不明。ロシア正教会の正規の僧侶ではない。

ドイツ出身の皇后ラスプーチンの愛人関係が噂され、好転しない戦況から二人によるドイツとの密約関係までもが疑われ、ラスプーチンは1916年12月25日にユスポフ公に誘殺され遺体がネヴァ川に棄てられた。
wikipedia-j

:人物
:歴史人物
:行為者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 19 Dec 2005 23:11:02 JST (4569d)