ピエール・フランソワ・ラスネール(Pierre François Lacenaire、1800年12月20日 - 1836年1月9日)は、フランスの犯罪者、詩人。リヨン出身。

中産階級出身だが、若いときから窃盗などの犯罪を重ね刑務所に入った。そしてパリで金を奪うために老婦人とその息子を殺害し逮捕された。投獄すると新聞に歌や詩を投稿して知識人の注目をあび、彼に会いに獄中へ大勢やってきた。裁判では死刑の判決を受けギロチンで処刑された。wikipedia

wikipedia-E

:人物
:行為者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 20 Mar 2008 22:05:15 JST (3687d)