ヨハン・ヴァイエル、Johann Weyer、(1515〜1588)

妖術と熱と魔女が流行した16世紀に、当時の妖術に関する見解の妥当性に異議を唱えた、最初の博識な著述家であった。
http://members.at.infoseek.co.jp/chi_you/akuma3_estA2.html

医師のヨハン・ヴァイアーは、魔女信仰とそれに関連した魔女迫害を克服しようとしました。彼は、悪夢は体の状態の結果であって、悪魔の仕業ではないことを証明しました。彼は迷信的観念の成立に対して、女性の空想や、ヒステリーへの傾向の持つ役割を認識していいました。彼の信奉者は少なく敵は多かった。魔女と見なされた女性たちで、聖職者や、異端糾問官や、狂信的な群衆に迫害され、火あぶりにされるものは、18世紀まで後を絶たちませんでした。
http://homepage2.nifty.com/kazuoyoshino/ron21.htm

Johann Weyer, aka Wierus, Wier (1515―1588) was a German physician, occultist and demonologist, disciple and follower of Heinrich Cornelius Agrippa. He wrote the books De Praestigiis Daemonum (1563) and twenty years later Pseudomonarchia Daemonum (1583) as an appendix to the first.-wikipedia.en

amazon

:人物
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:06:12 JST (4920d)