バーゼルの書店店主

1514年、エラスムスと意気投合し、以後のエラスムスの著作はフローベンの書店から出版されることになる。1516年に出版された『校訂版 新約聖書』(Novum Instrumentum)と9巻からなる『ヒエロニムス全集』は学識者の間で高く評価され、当時のエラスムスの評価を決定付けることになった。wikipedia

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 19 Mar 2008 22:39:37 JST (3773d)