フェリックス・ユスポフ公爵(Феликс Феликсович Юсупов, Prince Felix Feliksovich Youssoupov,1887年3月23日 - 1967年9月27日)

ロシア帝国の貴族である。生家ユスポフ家はタタール人の子孫。ロシア屈指の名門でロマノフ家よりも金持ちだったといわれている。

1914年にニコライ二世の姪イリーナと結婚。1916年12月、親友で愛人であったといわれるドミートリー大公らとラスプーチンを殺害した(殺害方法にはさまざまな説があり、未だに謎とされている)。後に皇帝の命によりユスポフ家の領地に追放されている。ロシア革命後はパリに移住し、回想録を記した。
wikipedia-j

ラスプーチンを暗殺したことで有名。

ラスプーチン暗殺秘録を記す。

ユスポフ公爵の館

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 15 Dec 2005 22:16:42 JST (4515d)