ミケランジェロ・ブオナローティ(Michelagelo di Lodovico Buonarroti Simoni, 1475年3月6日 - 1564年2月18日)

イタリアルネサンス期の彫刻家、画家、建築家、詩人。西洋の絵画の中で最も巨大な絵画の一つとも言われるシスティーナ礼拝堂の天井フレスコ画や、ヴァティカンオリーナ礼拝堂にある『最後の審判』、『聖ペテロの磔刑』、『パウロの改宗』を描いたことでよく知られてる。また、『ピエタ』や『ダビデ像』等の傑作のほかにも『バッカス』、『モーセ』、『ラケル』、『レア』な彫刻の分野ですぐれた作品を数多く残した。バチカンの『サン・ピエトロ大聖堂』にあるドームの設計者でもある。-[[wikipedia.jp>]]

:人物
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:50 JST (4801d)