マルヌ会戦(マルヌかいせん)は、1914年9月、ベルギーを突破したドイツ軍を、フランス軍がマルヌ河畔でくい止めた第一次世界大戦中の戦い。この戦いによって、ドイツのシュリーフェン・プランは挫折し、短期決戦から長期戦へと戦局は替わって行った。wikipedia

:行為
:社会現象


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 16 Mar 2008 22:32:40 JST (3803d)