マルクス・アウレリウス・アントニヌス(Marcus Aurelius Antoninus, 121年4月26日 - 180年3月17日)

ローマ帝国の皇帝で、五賢帝の一人。

ゲルマン人などの蛮族の侵入やシリア属州における叛乱など数々の難問に対処する一方、 日々の思索を記した『自省録』と呼ばれる著書を遺している。

哲人皇帝とも呼ばれ、ストア派後期の代表的人物に数えられる。-wikipedia.jp

:人物
:歴史人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 12 Nov 2006 01:20:55 JST (4363d)