マルキ・ド・サド (Marquis de Sade)、ドナシアン=アルフォンス=フランソワ・ド・サド (Donatien-Alphonse-Francois de Sade(1740年6月2日 - 1814年12月2日)

フランス革命期の貴族、サド侯爵サディズムの語源として良く知られている。

不適切な品行をしたとて、何度か投獄される。 獄中にて、精力的に長大な小説をいくつか執筆した。 それらは、リベラル思想に裏打ちされた背徳的な思弁小説であり、また、空前のサディスティックな小説でもあった。そのため、19世紀では禁書扱いであり、ごく限られた人しか読むことはなかった。 20世紀に入って、シュルレアリスト達によって再評価され、全集の出版が行われることになる。-wikipedia.jp

Donatien Alphonse François, Comte de Sade, better known as the Marquis de Sade (June 2, 1740 - December 2, 1814) was a French aristocrat and author of several pornographic books, many of them written while in prison. His name is the source of the word sadism.

Sade was born in the Condé palace in Paris. Initially he followed a military career and participated in the Seven Years' War. In 1763 he married Renée-Pelagie de Montreuil, daughter of a rich magistrate; he would eventually have three children with her.-wikipedia.en

サドの城、政治パンフレット
http://leo.aichi-u.ac.jp/~mtagawa/sade/sade.html

:人物
:歴史人物
:作者
:行為者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:47 JST (4918d)