ジェームズ・マーシュ

ヒ素の検出法をイギリスの有名な科学者ファラデーの助手であったマーシュが1836年に考案し、現在でもマーシュのヒ素鏡テストとしてその名を残しています。

 マーシュ法というのは、水素とともに発生したアルシンを燃やし、その炎を冷たい磁器(蒸発皿)に触れさすと、鏡のように光沢のある黒紫色の単体ヒ素が蒸着します。これをヒ素鏡といい、微量のヒ素の検出に使われました。
http://tanesan.hp.infoseek.co.jp/dokan-hiso.html

:人物
:学者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:43 JST (4802d)