フォボス、Phobos

ギリシア神話の神。

ヴィーナスアレースの子とされている。

ギリシャ語で「恐怖」という意味。

火星の第一惑星の名前にも使われる。これは、火星(アレス)に付き従うフォボスとダイモスから採ったもの。

フォボスは、火星の2つの衛星のうち内側にあり大きい方である。 フォボスは太陽系の衛星の中で最も主星に近い軌道を回っており、火星の表面から6000km以内である。同様にフォボスは太陽系で一番小さな衛星の一つである。フォボスは1877年8月12日にホールによって発見された。

フォボスの軌道は、火星の静止軌道の内側にあるため、フォボスの公転速度は火星の自転速度よりも速い。従って、1日に2回西から上り速いスピードで空を横切り東へ沈む。表面に近いため、火星のどこからでも見えるわけではない。また、低い軌道であるため、フォボスは火星の潮汐力のために徐々に火星に引きつけられ(1.8m/世紀)、いずれ壊れる運命にある。5000万年以内に火星の表面に激突するか、破壊され火星の環となるだろう。-wikipedia.jp

:人物
:架空人物
:オブジェ
:自然物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:40 JST (4985d)