Sandro Botticelli(1444-1510)

イタリアルネサンス期の画家。メディチ家に集まる人文主義者に鼓吹され、「春」や「ヴィーナスの誕生」などを描いた。

サンドロ・ボッティチェッリ(Sandro Botticelli, 1444/1445年 - 1510年5月17日)は、ルネサンス期のイタリアフィレンツェ生まれの画家で、本名はアレッサンドロ・ディ・マリアーノ・フィリペーピ (Alessandro di Mariano Filipepi) といい、ボッティチェッリは兄が太っていたことからついた「小さな樽」という意味のあだ名である。 カタカナでの記法の違いで、ボッティチェルリ、ボッティチェリ、ボティチェリなどと書かれることもある。

フィレンツェ派の代表的画家。メディチ家の保護を受け、宗教画、神話画などの傑作を残した。ミケランジェロの師でもある。バチカンのシスティナ礼拝堂の壁画などの作品のあるが、何といっても「春(プリマヴェーラ)」と「ヴィーナスの誕生」の作者として著名である。ダンテ『神曲』の素描画も残している。-wikipedia.jp

Botticelli_venus.jpg

http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Botticelli_72.jpg

Botticelli_spring.jpg

http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Primaver.JPG

:人物
:作者


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:38 JST (4982d)