ヘラ、Hera、ヘーラー、Ήρα

ギリシャ神話に登場する女神。結婚と母性、貞節を司る。
クロノスとレアの娘。ゼウスの姉にして正妻。ヘパイストスとアレスの母。

ギリシャ神話に登場する男神は総じて女性にだらしがなく、夫であるゼウスはその代表格である。
そのため、結婚の守護神でもあるヘラは、嫉妬深い女神として描かれることが多い。

元来は、アルゴス、ミュケナイ、スパルタ等のペロポネソス半島一帯に確固たる宗教的基盤を持ってり、かつてアカイア人に信仰された地母神であったとされ、北方からの征服者との和合をゼウスとの結婚で象徴させたと考えられる。

ローマ神話におけるユノ(ジュノー)に相当。-wikipedia.jp

In the Olympian pantheon of classical Greek Mythology, Hêra the Great Goddess of pre-Hellene Minoan culture transmitted to the Greeks through Mycene and other city-states of the Mycenean culture, had been made into the wife and sister of Zeus. She then presided as goddess of marriage, the patriarchal bond of her own subordination. She had a long separate existence before she was incorporated, with considerable difficulty, into the pantheon dominated by Zeus. In late anecdotal versions of the myths (see below) she appeared to spend most of her time plotting revenge on the other women her husband consorted with. She was called Juno by the Romans.-wikipedia.en

:人物
:架空人物


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 26 Feb 2005 13:00:30 JST (4865d)